品川宿史談会
平成29年度の講演会実績
品川宿史談会 平成29年4月21日実施
品川宿史談会 平成29年7月23日実施
品川宿史談会 平成29年10月22日実施
品川宿史談会 平成30年2月4日実施
平成30年度の講演会予定
品川宿史談会 平成30年7月1日実施
品川宿史談会 平成30年7月22日実施決定
品川宿史談会 平成30年11月ごろを予定
品川宿史談会 平成31年2月ごろを予定

品川宿史談会
講演会のキキドコロ!

 品川宿の南品川猟師町は、江戸時代幕府から御菜八ヶ浦の指定を受け、幕府への海産物の献上や、その他海上における夫役を負担してきた代わりに、漁業などに関する特権が付与されてきた。それに関する資料は古文書「利田家文書」にわずかにのこされているほか、平成に成って平野栄次郎「江戸湾漁撈と海苔」、出口宏幸「江戸内湾海猟師町と役負担」などが発刊され、それらは漁業史の研究がが中心であった。
 このような状況の中、平成28年度明治大学大学院建築史専攻の吉永ほのみ氏が修士論文で江戸の猟師町のうち、深川、品川、羽田の江戸湾の典型的な猟師町の形成と変容について発表された。明治末のそれぞれの町の変容を建築史の研究方法で解明している。始めてみる町並みの資料で何が話されるか期待してやまない。

会場 品川第二地域センター


開催後記